緊急避妊

緊急避妊(アフターピル)について

避妊をしないでの性交、コンドームが破けるなどのトラブルにより避妊に失敗した場合に、妊娠を防止する緊急避妊を行えます。

当院では、緊急避妊薬として妊娠阻止率が高いレボノルゲストレルを処方しております。

2回服用の中用量ピル・プロバノール(ヤッペ法)は、妊娠阻止率が低く(57%)、嘔気、頭痛などの副作用があるため当院では処方しておりません。

レボノルゲストレルの効果

  • 性交から72時間以内
  • 妊娠阻止率82%
  • 1回服用

緊急避妊(アフターピル)の料金

初再診料、処方量などの価格以外に費用は一切かかりません。

製品名料金(税込)
レボノルゲストレル7,700円

緊急避妊(アフターピル)の作用について

レボノルゲストレル錠1.5㎎「F」は、避妊に失敗したとき、または避妊をしなかった性交後、緊急に避妊を行うときに用いるお薬です。

内服方法

  • 性交後72時間以内に、1回1錠できるだけ速やかに服用してください。
  • 服用する時刻や時間帯は特に定められていませんが、なるべく早く服用してください。

服用前の注意点

次にあてはまる方は、このお薬は使えません
  • このお薬の成分に対して過去に過敏症を起こしたことがある方
  • 肝臓に重篤な障害がある方
  • 妊娠中の方
次にあてはまる方は、医師に相談してください
  • 肝臓に障害がある方
  • 心臓に疾患がある方
  • 腎臓に疾患がある方

使用上の注意点

  • このお薬は、妊娠を完全に阻止できるものではありません。
  • このお薬は、避妊に失敗したとき、または避妊をしなかった性交後に緊急的に用いるもので、通常の経口避妊薬のように、計画的に妊娠を回避するものではありません。

服用後の注意点

  • このお薬を飲んでから2時間以内に吐いてしまった場合は、すぐに医師に相談をしてください。
  • このお薬を飲んだ後も妊娠する可能性がありますので、適切な避妊の手段をとってください。
  • このお薬を飲んだ後には、不正性器出血や妊娠初期の出血と通常の月経が区別できないことがありますので、再来院して診療を受けてください。
  • このお薬の成分は乳汁中に移行するので、授乳中の方は、服用後24時間は授乳を避けてください。
  • このお薬を飲んだ後に、月経のような出血(消退出血)があらわれることがあります。また、不正子宮出血や頭痛、吐き気、倦怠感、眠くなるなどの月経時にみられる症状が現れることがあります。症状が続く場合には、医師にご相談ください。
  • このお薬を飲んだ後に、月経周期や出血の状況(日数や量)に一時的な変化がみられることがあります。

お問い合わせ

CONTACT

ACCESS

アクセス・診療時間

〒190-0022
東京都立川市錦町1-3-3 Asami Bldg.2階

電車JR各線 立川駅 徒歩3分

電話042-595-9552

診療時間 日祝
9:30〜13:30 ×
15:00〜18:00 ×

 

《受付時間》
AM9:30~PM13:00/PM15:00~17:30
※1:当日でも空きがあればインターネット予約・アプリ予約が可能です。
※2:予約なしでのご来院も可能です。
※3:コルポスコープ外来・4Dエコー外来は完全予約制になります。
※4:臨時休診・時間変更はホームページのお知らせにてご案内致します。